MENU

二回戦に備えてオナ禁は3日〜7日に留めるべし!

二回戦

二回戦に挑むためには、何と言っても精子をためておく必要があります。

 

精子を貯めるためには、精子を無駄遣いしないように、オナ禁という手段がありますね。

 

しかし、このオナ禁はやりすぎると逆効果になる場合もあるのです。

 

長期のオナ禁で男性機能が衰える?

ある研究によると、「10日以上射精しないと精子の運動率が落ちる」というデータがあるようです。

 

もちろんこれには個人差があるので、一概には言えませんが筋の通った話といえます。

 

男性の睾丸では絶えず精子が生産されていますが、貯めておける精子の量には限りがあります。
一般的に精子の寿命は3日間と言われており、3日以上経った精子は分解されて再吸収されるか、尿で排出されます。

 

一度射精してから精巣が満タンになるまでにも3日かかると言われていて、3日以上は精子を溜め込めないことがわかります。

 

ドイツの生理学者ヴィルヘルム・ルーが提唱したルーの法則によると、「人間の身体の機能は、適度に使えば発達し、使わなければ退化する」と言われてます。
医学的には、これを廃用性萎縮と言います。

 

精巣が満タンになったあとも射精をせずにいると、精子の生産はだんだん不要になってきて、その機能も萎縮してしまいます。
あまり長期のオナ禁は、男性機能にとってデメリットが大きいといえますね。

 

男性ホルモンにもピークがある?

ネット上では、オナ禁とテストステロン増加について盛んに喧伝されています。

 

テストステロンとは代表的な男性ホルモンで、筋肉や性欲など男性的な機能を発達させることに寄与するホルモンです。
射精をした瞬間はテストステロンが急激に減ることがわかっており、オナ禁をすることで体内のテストステロン値を高めることが出来ます。

 

これによって「フェロモン効果でモテる」とか「筋肉が発達する」とか「カリスマになれる」などと書かれているサイトもありますが、もちろん気のせいですね。

 

様々な研究の結果、射精をしないことでテストステロン値が上昇するのは事実ですが、そのピークは7日間と言われています。
オナ禁一週間でテストステロン値はピークに達し、その後は徐々に減っていってしまうのです。

 

これは前述の精子の生産機能と同じで、ある一定以上には増えられず、逆に萎縮してしまうということです。

 

これらの事を考えても、オナ禁は最長で7日、できれば3日程度に留めるのが良いでしょう。

 

パートナーとセックスの予定がある3日前から禁欲することにすれば、オナ禁のデメリットは排除してメリットだけを享受できます。

 

カキエキス・亜鉛サプリメント「海乳EX」

二回戦

圧倒的なコストパフォーマンス!
まず試してみるならコレ!

最安値 980円〜
主な成分 亜鉛12mg(1日分)
精子が増える
勃起力が高まる
コストパフォーマンス

 

リピート率、驚異の約89%!累計販売袋数:1,000,000袋以上!
海のミルクと言われる牡蠣の栄養素を、1袋(I約1ヶ月分)に約155個分凝縮したサプリメント「海乳EX」。

 

品質管理が徹底した指定工場で、人力で選別された牡蠣のエキスだけを抽出し、ソフトカプセルに詰められます。
そんな完全栄養食と呼ばれる牡蠣は男性、女性共に、嬉しい成分がたっぷり含まれています。

 

1日分2粒で亜鉛12mg
厚生労働省の推奨摂取量をこれだけで摂取できる亜鉛サプリです。
人気の秘密は圧倒的なコストパフォーマンス!
なんと、定期購入なら1日約32円 通常購入でも1日約63円
毎日続けやすい価格となっています。

 

「まずは亜鉛サプリを試してみたい」という場合には最良の選択肢です!

二回戦


何歳になっても二回戦ができるようになるためには?

詳しくはコチラの記事で!

▼▼▼▼▼

二回戦