MENU

賢者タイムを短くする方法!二回戦を楽しもう!

賢者タイム,短くする

「一回エッチが終わったら、一気に気持ちが萎えてしまう…」

 

射精した直後に訪れる、いわゆる「賢者タイム」

 

彼女が甘えてくるのすら鬱陶しく感じてしまい、黙ってタバコ吸わせてくれよ…と冷たくあしらってしまう。
ふと気づいた時に彼女に悪いな−と思いつつ、その時は本当に気持ちが萎えてるんですよね。

 

また、お店に行った時もこの賢者タイムは容赦なく訪れます。

 

せっかく奮発して120分コースを取ったんだから、2回3回は楽しまなきゃ…

 

こう思って入ったは良いものの、一発やったらそれで打ち止め…
二回戦に突入する気合が起きない…

 

これに悩む男性は意外と多いものなんです。

 

この賢者タイムを短くする方法は無いんでしょうか?

 

賢者タイムの原因はプロラクチン

いわゆる賢者タイムが訪れる原因は、射精直後に大量分泌される”プロラクチン”というホルモンです。

 

このホルモンが分泌されることで性欲が急激に抑制され、何もする気が起きなくなります。
なぜこんなホルモンが分泌されるかというと、「リロード」のためです。

 

一度射精したら、次弾を装填するまでに時間がかかるため、その時間を稼ぐためと言われています。
このプロラクチンを抑制できれば賢者タイムも短く出来るはずですが、残念ながらその方法は現状見つかっていません。
>プロラクチンについて詳しくはコチラの記事も

 

賢者タイム,短くする

原因を知れば客観的になれる

プロラクチンによって賢者タイムが訪れるのは避けられないとしても、その弊害を抑えることは出来ます。

 

それはつまり、このプロラクチンによって賢者タイムが訪れるということを客観的に理解すること。

 

ピロートークなんてする気が起きなくても、「ああ、今はプロラクチンが出まくってるから仕方ないんだ」と知っておくだけで、状況を客観的に理解し、彼女にも優しく慣れるはずです。
また、お店に行っても最初からわかっていれば、90分コースで最初の30分で一回戦、30分休憩、ラスト30分で二回戦というプランも立てておけます。
最初からわかっていれば、気持ちも楽になりストレスも軽減されるはず。

 

「イケない」「勃たない」の一番の原因は精神的なストレスやプレッシャーですので、これを軽減するために、自分の体のことをよく理解しておきましょう。

 

精子が多ければ賢者タイムも短い

もっと根本的な対策として、賢者タイムを短くする一番の方法は「精子を増やす」事です。

 

前述のとおり、賢者タイムが訪れる理由は精子のリロードのためですから、精巣に溜まっている精子が多いほどリロード時間も短くなるので、賢者タイムも短くなります。

 

「3日ためて挑んだのにダメだったよ…」
こんな声も聞かれます。
しかし、そういう人はそもそも精子の生産量が少ないのです。

 

精子の寿命は2〜3日と言われており、古くなった精子はどんどん分解されて再吸収されてしまいます。
一日に作れる精子の量が少ない人は、数日間禁欲しても、そもそも貯められる量が少ないということです。

 

ですから、まずは精子の生産量を増やすためのアプローチが必要です。
精子の生産量を増やす方法は、王道として運動と栄養補給です。

 

スクワットこそ最強の運動

賢者タイム,短くする

精子の生産量を増やすための運動として、最強はスクワットです。

 

下半身を全体的に鍛えられるだけでなく、勃起のために不可欠なPC筋を鍛えられる唯一のトレーニングとも言われています。
また、骨盤内の血流量が増えることで、精巣やペニスへの血流が増え、即ち栄養のデリバリーも増えるため、精子の生産量を増やすには欠かせない運動です。

 

栄養補給は亜鉛とアルギニン

賢者タイム,短くする

運動をしていくら血流量を増やしても、そもそも材料がなければ精子は作れません。

 

精子の材料となるのはタンパク質ですので、タンパク質を普段の食事でたくさん摂るようにしましょう。

 

また、それ以外で重要な栄養素が亜鉛アルギニンです。

 

亜鉛は精子の材料となるだけでなく、体の中の様々な機能を調整するのに役立っている不可欠なミネラルです。
しかし、現代の日本人の食生活では慢性的に亜鉛不足となっているので、意識して摂るようにしましょう。

 

アルギニンはタンパク質を構成するアミノ酸の一種ですので、肉類を食べていれば摂ることが出来ますが、必要量が多いのでサプリでの補給も有効です。
アルギニンは精液の材料となり、さらに血管を拡張して血流量を増やす作用もあるので、精子を増やし勃起力を高めるには不可欠な栄養素です。

 

この2つは現代の食生活では不足しがちなため、すでに精子量が少ないと感じている人にはサプリでの摂取が必要です。