MENU

二回戦にはクラチャイダムが効く!

二回戦

二回戦が出来ない…
体力が続かない…

 

そんな悩みをお持ちなら、摂るべきは”クラチャイダム”かも知れません。

 

クラチャイダムとは、マカの強壮効果を超えると言われている天然ハーブです。
タイやラオスを原産とした天然物のハーブの一種で、昔から男性の精力増強に有効な成分として重宝されてきました。

 

滋養強壮に効果が期待できることで定評のある成分ですが、ほかにも血流の促進や精力増進、疲労回復などの効果が期待できます。
昔から現地の人に愛されてきたクラチャイダムは、歴史のあるハーブですが、タイだけではなく、沖縄でも生産されています。

 

熱帯地方だけに生息するハーブという特徴があるので、日本では沖縄で唯一生産することが可能なのです。
沖縄でのみ生産されていることから、貴重なハーブとして市場にはあまり出回っていないですが、最近はサプリメントとしてよく発売されています。

 

日本ではクラチャイダムのことを黒生姜や黒ウコン、ブラックジンジャーなどと呼んでいて、様々な別名があります。
沖縄産のものは黒ウコンと呼ばれていることが多いのですが、どちらかと言うと生姜に近い植物です。

 

生姜には血行促進があるので、血流の促進や精力増進、疲労回復の効能が得られます。
ただ生姜と違うのは、性機能に対する向上作用が強いところで、生姜の場合、血行促進作用はありますが性機能に対してはあまり期待できません。

 

このことから、精力増強のためのハーブというイメージが強く、そうした目的で使用する人が多いです。
またほかにも、アンチエイジングや冷え性の解消、むくみの改善、抗メタボリック、抗炎症、抗アレルギーなどの効能も期待できます。

 

二回戦

クラチャイダムに含まれる成分

クラチャイダムにはアルギニンをはじめ、ポリフェノール、亜鉛など様々な成分が含まれています。

 

これらの成分がマカよりも多く含まれていて、特にアルギニンはマカの2倍以上含まれています。
強精作用が強いことで定評のある成分で、男性からとても人気があります。

 

美肌効果や血流改善効果が高く、免疫力アップも期待することができ、滋養強壮効果としては抜群のものがあります。
成長ホルモンの分泌と血流の促進のカギを握っているので、男性にとってとても大切な成分と言えます。

 

アルギニンが入っていない精力サプリはないと言っても過言ではなく、特に30代を過ぎた男性が精力を維持するのに必要不可欠な成分です。
血管を拡張して血流を促進する作用があり、精子を生成する働きもあるので、男性が摂取するメリットは計り知れません。

 

クラチャイダムにはポリフェノールも豊富で、肝臓の解毒作用を強化するクルクミンが含まれています。
胆汁の分泌を促す作用があるので、コレステロールの低下の効果が期待できます。

 

眼精疲労を予防するアントシアニンも含まれていて、ほかにもポリフェノールとしてフラボノイドが含まれています。
血管内の脂肪の沈着を予防して血管を柔軟にする作用があるので、勃起不全の改善や動脈硬化の予防に功を奏する成分です。

 

また、メタボやアルツハイマー、関節リウマチやガンなどにも効果があると言われています。
クラチャイダムには精力アップに欠かせない亜鉛もしっかり含まれているので、精子の量をアップして射精時の感度を高めてくれます。

 

クラチャイダムの副作用について

クラチャイダムは精力アップのサプリとしてよく使用されていて、主要成分のアルギニンと亜鉛には精力増強効果が期待できます。

 

マカの2倍以上の効果があると言われているので、強い効果を見込むことができます。
ただ、気をつけなければならないのは副作用で、体に害があっては意味がありません。

 

クラチャイダムは健康食品なので、基本的に副作用はありません。

 

タイを原産国とするショウガ科の植物で、1000年も前から精力増強や滋養強壮のために用いられてきたハーブなので安全性は高いです。
実に沢山の栄養素が含まれていて、アルギニンや亜鉛、ポリフェノールは精力増強だけでなく、疲労回復や若返り効果が期待できます。

 

アルギニンは血管を拡張するので勃起能力向上が期待できますが、美肌効果や冷え性改善、ダイエット効果など女性に嬉しい効果も期待できます。

 

クラチャイダムを服用することで副作用が起きたという報告はこれまでになく、健康を損ねたという症例もありません。
危険性がないことから、タイでは国をあげて愛用され続けてきた実績があり、健康食品として認められています。

 

ただ過剰摂取だけは要注意で、効果を期待すぎるあまり飲みすぎると、危険な症状が出るリスクがあります。

 

また、その確率は極めて少ないのですが、アレルギーに敏感な人は生姜アレルギーが出るかもしれません。
特に処方薬を服用している人は、過剰摂取だけは要注意です。
万が一の場合を想定して、かかりつけのお医者さんには事前に相談しておいた方がいいでしょう。